2005年08月23日

政治が変化することとマスコミの変化

今日巡回していて、「Finalventの日記」で、参照されてるコラムがなるほどと思わせてくれたので、メモ。

『「自民分裂」メディアのネーミングに異議あり』というタイトルで、今回の選挙でのマスコミの報道について、辛辣に批判していらっしゃいます。

http://www.yorozubp.com/0508/050820.htm

冒頭だけ引用

郵政民営化関連法案の参院否決により小泉純一郎首相が決断した衆院解散・総選挙で、新聞・TVなど主要メディアは、「自民党分裂」「自民党分裂選挙」「刺客」「落下傘候補」といった、明らかに事実と違う言葉や、選挙の本質を見誤らせる情緒的な言葉を、無責任に垂れ流している。


中身をじっくり読んでいただくと、色々と見方が変わってくるのではないかなと思います。
そんな長い文章でもないし。

読んで思ったのですが、マスコミというものが、現状の変化の早さについていけなくなってしまっている、いや変化したくないと思っているのかなぁ〜と。
posted by ふにふに at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。