2005年04月12日

人権擁護法案の反対運動が、なんか微妙にきな臭くなってる。

仕事が忙しくて、ネットとBlogほったらかしてるうちに、「人権擁護法案」反対運動がなんか微妙な方向へ向かってる気がする。
昨日のテレビタックルで放映された集会での映像でも、天然なのかわかっていてなのか(多分わざとだと思うけど・・・天然ならさらに?だし)安部さんは法案の内容をミスリードする方向で講演してるし・・・まあ、放映されてる部分はほんの一部分しかもTVタックルだしwなので、講演全体では印象違うのかもしれないけど。
政争の具にされて、法案の必要性(現行法とは別に)とか実効性(正しく運用されると既定した上での)とかとは別の方向に向かってるなぁと思います。
じっさい、今国会での成立は、日程的に考えてもほぼ不可能でしょうしね。前回のエントリーでコメントとご指摘(法案の本文あるから読もうぜw)いただいたplummetさんのところや、そこで紹介されている「人権擁護法反対論批判 faq編」<BI@K>などに、判りやすい解説やエントリーがあるので、たまたま、大手サイトではなく、うちに先にお越しになった方で、上記のサイトをご覧になったこと無い方は、賛成派のかた反対派のそして、最近Blogや2chで騒がれているのは知ってるんだけど、よくわからない派の方問わず、是非一読を
お勧めいたします。

特に「最近Blogや2chで騒がれているのは知ってるんだけど、よくわからない派の方」に関しては、こちら「人権擁護(言論弾圧)法案反対!」や「私が人権擁護法案に反対する理由」<カレーとご飯の神隠し>もあわせて読み比べると色々考えられて良いかと思います。

んで、私の今の意見は、「この法案じゃ結局(人権救済の)実効力あんまりないやん」です。
またよく耳にする反対派の人の反対理由(特定の団体や集団による言論弾圧)に関しては、この法案では、非常に困難であろうと推察されますし、利権の誘導に関しても、この法案が出来たからといって、以前と変わらないなぁという印象です(詐欺や脅迫のポケットは増えそうだけど)。

「おまえ最初のエントリーとちゃうやんけ」というご意見もあろうかと思いますが、話題が広がって、情報が増えていってそれで考え方が変わったということでご了承ください。

相変わらず骨髄反射・・・・じゃなくて脊髄反射でエントリーかいてるので、ご意見ご指摘お待ちしています。


posted by ふにふに at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。